アーユルヴェーダ五大元素

未分類

アーユルヴェーダではこの宇宙に存在する全てのものは5つの要素で成り立っていると考えています。

五大元素とは

五大元素とはSpace/空・Air/風・Fire/火・Water/水・Earth/土の5つです。
自然界のもの私たちの身体、思考までもがこの五大元素で成り立っています。
この五大要素を1つずつ説明します。

Space/空

最初の元素はスペース(空間)です。
スペースは無限の可能性を示しています。
この自然界の宇宙もまずは空間から全てが始まっています。
私たちの身体の細胞の1つ1つの間には空間があり、また体の中の臓器の間にも空間があります。
また、私たちの思考は常に目まぐるしく変化していますが、次々と浮かぶ思考の間には隙間があり、その空間には無限の可能性があります。

Air/風

空間があるとそこには動き(風)が加わります。
自然界では空間に風が存在し、私たちの身体は呼吸をし、血流が巡り、栄養素が体全体に運ばれるなど動きが存在します。思考が次々と浮かぶのも風の要素と言えます。

Fire/火

動きが出ると摩擦が生まれ火が発生します。
自然界では光や火は変容をもたらします。

例えば太陽の光が当たると、私たちの身体のみならず、紙や木も日焼けします。

ケーキを焼くときを想像してみましょう。
卵、油、砂糖、小麦粉といった1つ1つの材料を混ぜている時は、それぞれの材料は機械により分離することが可能ですが、オーブンに入れ火を通すことで、全ての材料が一体となりケーキが出来上がります。

私たちの身体では食べ物から栄養を取り込みエネルギーと変える、消化や代謝が火の要素となります。

様々なアイディアを形にしたり、解決策を見つけたりするのが火の要素です。

Water/水

火の要素が加わったのちに水の要素である結合・凝集が始まります。
また、水は潤滑の役目を果たしています。

地球の70%は水であるのと同様私たちの身体の70%は水分であり、関節間の骨液、血漿、リンパ液などが水の要素を表しています。

凝集・結合の要素が加わることで、私たちが経験したことは記憶となります。

Earth/地

凝集・結合が強まっていくと最後には固体となります。

地とは固体、構造物、組織などを表します。地球上では岩、木、大地などは地を表しています。

私たちの身体で言うならば骨や肉、臓器などが当てはまります。
記憶は確固たる考えとなり、ストーリーとなります。

まとめ

空・風・火・水・地、どの要素も私たちの周りに溢れています。

アーユルヴェーダでは

As is the human body, so is the cosmic body. As is the human mind, so is the cosmic mind.

と言う言葉があります。

つまり私たちの身体も心も自然界の動き同様に影響を受けていることを指しています。

そしてこの5つの要素の組み合わせにより、私たちの身体や心に影響を与えている3つの生命エネルギーであるドーシャが構成されます。

ドーシャについてはまた次に記載したいと思います。


コメント